ミレニアル世代の営業チームへのオンボーディングのヒント

ハイパーライズ

マイケル・テオミレニアル世代の営業チームへのオンボーディング は、組織や大学で若者の才能をコンサルティングし、人生と仕事で成功するためのトレーニングを行う会社、Thriving Talents の創設者です。先週、マイケルは、ミレニアル世代の営業部隊を組織内に取り込み、正しい道を歩ませる方法について、彼の洞察を紹介しました。

Michaels オンボーディング・プログラムを成功させるための3つのヒント。

1) 明確さを与える
- 目標に
- じぶんでものわかり
- 当然のことながら

2)マスタリーの開発
- セールススキル
- ソフトスキル(特にバーチャル環境用)
- 製品またはソリューションのスキル


3)サステナビリティ
- 営業担当者がモチベーションを維持し、積極的に活動できるようなプラクティスを構築する。これは、営業担当者がまだバーチャルな世界で働いている場合には、特に重要なことです。

このほかにも実用的なヒントがたくさんあります。ぜひ聴いてみてください。

あなたは、すべての人が尊重と共感をもって扱われながら、自己ベストを達成するために共有し、学び、協力し合う場があるべきだと思いますか? 私たちはそう考えています。 Trust Enablement コミュニティ Enablementプロフェッショナルの皆様に、この信念を実現するために。

オーディオトランススクリプト

プーヤ・クマール
ASEANとインドのセールスイネーブルメントを担当しています。私はPoojaです。私の使命は、セールス・イネーブルメントとビジネス・リーダーが、営業チームを強化し、彼らのエクセルを支援する新しい方法を互いに学ぶことができる場所を作ることです。今月のオンボーディングは しんらいじょうせい.そして、私たちはオンボーディングのあらゆることについて話しています。今日はポッドキャストとLinkedInのライブセッションに、2回目の出演となるマイケルをお迎えすることができて、とても感激しています!マイケルは、thriving talentsの創設者です。彼は、世界中のY世代やミレニアル世代の労働力を惹きつけるエキスパートです。幸運なことに、彼はマレーシアに拠点を置いていますが、世界中を飛び回っています。そして、オンボーディングはこの1年半で特に世界中でホットな話題となっています。世界の多くはまだバーチャルかハイブリッドですが、セラーをどのようにエンゲージするかは大きな問題で、特に若いセールスチームをどのようにエンゲージしているのか?そして、それはうまくいっているのでしょうか。マイケル、ご出席いただきありがとうございます。また番組に呼んでいただけて光栄です。あなた自身と、あなたのビジネスについて少し話していただけますか?The thrive?素晴らしい。

マイケル・テオ・スーリム
Pooja ありがとうございます。では、何よりもまず。セールスイネーブルメントコミュニティの皆さん、トラストイネーブルメント委員会の皆さん、より良いビジネスを創造するために結ばれているすべてのコミュニティーの皆さん、こんにちは。今、私たちが直面している困難な世界のために。一緒に、このパンデミックを打ち負かすことができます。イェーイ。まず最初に、私をここにお招きいただき、重ねてお礼を申しあげます。私の情熱は常に、経営組織とその従業員や人材との間の生産性、高いパフォーマンス、影響力の化学反応を解読することにあります。私の専門分野は、ミレニアル世代、つまり労働力の若い世代の従業員に焦点を当てることです。ミレニアル世代は、その多くが高齢化し、リーダーとしての役割を任されつつあります。私たちは、ミレニアル世代の人材に必要なスキルを身につけさせ、組織でのキャリアをより生産的で収益性の高いものにするために、リーダーや組織を支援する事業に取り組んでいます。私たちは、日本、韓国、南アフリカ、ジンバブエ、エチオピア、ドイツ、ハンガリー、米国、ニュージーランド、中国、インド、カナダなど、41カ国でソリューションとトレーニングを提供しています。ありがとう、プージャ。

プーヤ・クマール
ありがとうございます、マイケル。あなたは素晴らしいレパートリーを持っていますね。バラク・オバマも一度あなたのセッションに参加したいと言っていたはずです。

マイケル・テオ・スーリム
ああ、はい、我々は米国の大統領バラク・オバマによって作られた特別な訪問を持っている機会を持っていた、我々は戻って今年2014年に、米国の大統領と我々の首相をホストしているその時点でマレーシアで唯一の研修会社となった。若手リーダーを対象とした30分程度のリーダーシップワークショップの男性に。ご覧の通り、若いという概念は私から逃れられない。つまり、一年一年、その分若くなっていけたらと思うのです。しかし、それは不可能です。しかし、少なくとも私は知っている、私は若い労働力と連携し、我々の組織で我々の将来のためのより良いリーダーになるためのスキルを装備しています。

プーヤ・クマール
そうだな、マイケル、君と僕はいつまでも心が若いままなんだ。

マイケル・テオ・スーリム
ああ、そうだったのか。ああ、そうだな。私もそう思うI

講演者不明
は同意する。そうですね。

プーヤ・クマール
さて、あなたがここにいて、あなたの専門知識がここにあることは、本当に素晴らしいことです。まず、ミレニアル世代やY世代の労働力を定義するものは何でしょうか?というのも、実は私もかなり混乱しているんです。

マイケル・テオ・スーリム
まず第一に、混乱しても全く問題ありません。なぜ私が今あなたに挑戦するかというと、LinkedInでこれを見ている皆さんも、今私たちのポッドキャストを聞いているからです。ポッドキャストを聴いている方は、車を止めてください。ここで注意しましょう、いいですか。携帯電話を取り出して、ミレニアル世代の特徴をGoogleやBingで検索してみてください。何千何万もの異なる解釈があることは保証します。アメリカのミレニアル世代の特徴をググると、ある定義や基準が表示され、日本のミレニアル世代の定義をググると、別の基準が表示されます。でも、それはそれでいいんです。なぜなら、人間には個性がありますから。私たちは皆、文化に影響された行動によって支配されています。だから、それでいいんです。しかし、そうは言っても、これはいい加減な答えです。Pooja、あなたは疑問に思うでしょう。私の組織では、才能を推進するために、このようなことを行っています。私たちはこれらの研究をまとめ、整理し、クライアントにコンサルティングを行います。そこで、ミレニアル世代やY世代を定義するものを、後知恵で、ヘリコプターで、概観してみましょう。第一に、彼らは技術に精通しています。2つ目は、簡単に買収される傾向があることです。3つ目は、何でも早く、早く、早くと求めることです。なぜなら、あなたが何か特別な知識を得たいと思ったとき、自転車に乗ったり、車に乗って近くの図書館に行ったりしなければならなかった時代はもう終わったからです。今は、GoogleやYouTubeで、クリックするだけで何でも手に入ります。また、ミレニアル世代がこのトレンドをリードしていることも想像に難くありません。私は自分のデジタル通貨を持っていると思います。それは従来の貯蓄です。私が富を蓄積する唯一の方法ですか?うーん、私は暗号を考えるかもしれません。私はオンラインで他の代替投資を考えるかもしれない、私はNF Tの権利を見るかもしれません。繰り返しますが、ミレニアル世代は技術に詳しく、より速いライフスタイルを求め、どうしたら一生懸命働く代わりに賢く働けるかを常に考えているのです。私たちは、ミレニアル世代が私たちと一緒に働いている、あるいは営業チームの一員であるミレニアル世代がそのような働き方を望んでいると一般化するのはとても簡単なことなのです。しかし、パーソナライゼーションに勝るものはありません。どのようにパーソナライゼーションを行うか、すべてのクライアントにアドバイスしますが、もし営業リーダーがいるのであれば、トレーニングを受けているか、少なくともメンタリングやコーチング、ファシリテーションのスキルを身につけている必要があります。なぜなら、彼らがファシリテーションやガイドをすることで、一緒に働いているミレニアル世代のグループに対して、本当にパーソナライズされた注意を払うことができるようになるからです。

プーヤ・クマール
実は、その通りなんです。人にはそれぞれ特徴がありますが、その人の潜在能力を引き出すには、セールスリーダーが勇気を持って指導し、潜在能力を引き出せるように導くことが必要です。それは素晴らしいことですね。まさにその通りです。ミレニアル世代とY世代にまつわるいくつかの特徴についてお話されましたが、他にはどんな特徴がありますか?セールスリーダーとして、あるいはセールスマンとして、他に重要な特徴はありますか?他に何かありますか?Y世代やミレニアル世代を取り込もうとするときに、リーダーやマネジャーが考えるべきことはありますか?

マイケル・テオ・スーリム
まず何よりも、営業リーダーの皆さんにお伝えしたいのは、これから採用し、入社させることになるジェネレーションYやミレニアル世代、特にこの文脈では営業チームのために、彼らのバックグラウンド、ある意味、どこから採用されたのか、勉強しなければならないということです。どのような大学から来たのか?人口統計学的な特徴は?裕福な地域出身なのか?というのも、これらすべてが、彼らがどれほど意欲的であるかを決定する役割を果たすからです。最初のうちは。さて、これらの質問はすべて、チームと一緒に考える必要があり、まず理解する必要があります。私はミレニアル世代とジェネレーションYを採用したことがあります。マレーシアでは、2種類の異なる学校の出身者を採用しました。マレーシアには、私立学校と公立学校があります。だから普通、私立学校は富裕層が通う学校と言われがちですがなるほど。そして、普通の人が通うのがガバメントスクール、パブリックスクールです。私がセールスチームの一員として雇っている私立学校に通っている人たちは、より多くのことを学び、より多くの情報を得る傾向があります。親が雇った優秀な教師を利用することもできます。しかし、報酬や金銭的な見返りでインセンティブを与えようとすると、私立学校から雇った人たちを動かすのは難しくなります。公立や公立の学校に通っていた人たちに比べて、金銭的なインセンティブを与えると、彼らはより意欲的になる傾向があります。ですから、入社するグループの背景を理解し、現地の文化に触れ、それに応じた報酬体系を設計する必要があります。プージャ、この質問を終わります。もし私に聞くなら、マイケル。では、あなたの経験はどうですか?富裕層の人たちにどのようにインセンティブを与えるのか、つまり、彼らにとってお金は問題ではないと言うのであれば、何が彼らのインセンティブになるのでしょうか。目的、意味、ライフスタイル、目的、意味ライフスタイル、なるほど、彼らが行う仕事に目的を持ち、顧客に売る製品やサービスに意味を持ち、彼らが顧客のために生み出しているインパクトを顧客に見せる。お金ではないかもしれませんが、グループとしての親密さ、名誉、認識、リーダーとしての信頼などを評価してくれるはずです。

プーヤ・クマール
それはとても、信頼というのは、実はとても大切な言葉なんです。そして、それは全面的に言えることだと思いますけどね。それはどこの国でも同じですか?私の経験では、すべてのミレニアル世代は、あなたが与えてくれる信頼を感じる必要があると思うんです。そして、彼らの目的はさまざまです。そして、彼らの目的を理解することも、本当に重要です。これはとても良いヒントです。さて、ここまでミレニアル世代ではない私たち、つまりY世代が気にかけるべき特性についてお話ししてきました。では、オンボーディングについて考えてみましょうか。私たちは今、バーチャルの世界に生きています。少なくともアジア太平洋地域の大部分、米国、ヨーロッパの一部では、ハイブリッドの世界に移行しつつあります。私の経験では、この1年半は、オンボーディング、トレーニング、エンゲージメントに関して、何がうまくいき、何がうまくいかないか、まさにジェットコースターのような日々でした。一般的には。1年半前、COVIDがヒットしたとき、人々はzoomに参加することを喜んでいましたし、私たちが企画したハッピーアワーや、コミュニティーのような雰囲気が好きでした。ズーム疲れというのは、今まさに起きていることなんです。私自身も、若いセールスマンに入社してもらうまでのプロセスを振り返り、反省しなければなりません。私は主に若いセールスマンと仕事をしていますが、これはどこの国でも同じだと思います。しかし、その方法を定期的に見直す必要がありました。正しい答えを持っているとは思えません。では、どうすればいいのでしょうか?Y世代やミレニアル世代の労働力をオンボーディングする場合、どうすればいいのでしょうか?私たちは何を考えるべきでしょうか?

マイケル・テオ・スーリム
私が実際に行ったプロセスを紹介したいと思います。あるクライアントに、営業部隊の一員として若い人をたくさん採用することを提案しているところです。彼らは、売って売って売りまくらなければならない業界におり、また、以前は対面販売をしていたが、今はオンラインで販売しなければならない業界から来ています。そこで、クライアントが私に何千ドルも払って、彼らのためにコンサルティングや開発をしたものを、あなた方にお教えしようと思います。だから、私はそれをあなた方に提供するつもりです。ただ、それをうまく実装することを確認してください。そうですね。では、ここにいる皆さんへの礼儀として。まず第一に、オンボーディングプロセスにおいて。私は、雇用者と従業員の両方が、ここでいう従業員とは入社する営業マンのことであり、雇用者とは新しい製品やサービスを提供する会社のことです。さて、ここでいう「明確さ」とはどういうことでしょうか。まず、オンボーディングプロセスでは、製品やサービスについての説明をすることが非常に重要です。誰もが知っていることですよね?従来はオフラインで対面販売をしていたにもかかわらず、最も成功した営業担当者がどのようにオンラインでシングを売ることができたか、どのようにオンラインに移行し、製品やサービスを売ることに成功したか、といった事例を紹介することが非常に重要です。2つ目の明確化は、オンボードDとアンボードする若者の側で達成する必要があり、彼らが自分自身についてもっと理解するのを助けることです。私は性格診断ツールを愛用していますが、世の中にはたくさんありますよね。どれが一番好きかと聞かれれば、特にありません。と聞かれたら、特定のものではなく、性格診断ツールを使って、候補者がどのような人なのか、ある程度の指針と軸を与え、候補者が自分自身をもっと知ることで、何が強みで何が弱みなのかを実際に確認し、その人に合った学習ソリューションやトレーニング、コーチングをオーダーメイドできるようにすることです。そうすれば、その人に合った学習ソリューションやトレーニング、コーチングを提供することができます。さて、その直後に、その人の性格がわかれば、少なくともその人は支配的です。次に、候補者を受け入れる際に重視すべきことは、どうすればより自信に満ちた装いができるかということです。マイケル、正気か?私たちは営業をしているんだ、事実上?親愛なる友人たちよ、なぜ彼らがドレスアップする必要があるのでしょうか。私は今皆さんに話しているのですが、ポッドキャストを聴いている人たちのために、ネクタイとお気に入りのスーツを身につけるつもりです。これはとても重要なことです。なぜなら、あなたが事実上現れると、多くの人、特にアジアでは、それを軽く見る傾向があるからです。そう、軽く考えて、「あのね、私たち家で仕事しているんだけど、気にしないでね」と言うのです。第一に、顧客は気にします。2つ目、販売員には、おしゃれな格好をしてきてもらうと、自信がつきます。そして、自信があれば、より良いイメージを描くことができ、売り込んでいる見込み客に、いつもとは違う唸るようなポジティブで説得力のあるエネルギーをもたらすことができるようになるのです。これは非常に重要なことです。このように、雇用主、サービス提供者、そして候補者の側で、第一段階を明確にすることが重要です。何を売り込むのか、自信を持ってドレスアップする方法、バーチャルビジネスのアドボカシーを知る方法などが明確になったら、次はマスタリー(熟練)に進みます。さて、マスタリーとは何でしょうか?私自身は、間違っているかもしれませんが、このCOVIDの状況を本当に評価していることの1つは、世界中で活動できるようになったことです。そのため、私はクライアントと一緒に、営業チームのためにある特定のトピックを扱うことができるのです。その1:バーチャルな説得力とても重要なことです。オンラインでどのようにお客様を説得するか。スライドをどのように見せるか?声のイントネーションをどうコントロールするか、リアルなストーリーをどう顧客に伝えるか、リアルなインパクトをどう与えるか?なるほど。これが1つ目の美徳の説得です。2つ目は、キーアカウントマネジメントです。

マイケル・テオ・スーリム
これは、私がとても気に入っている分野の一つです。というのも、業界によっては、新しいクライアントにMicrosoft TeamsでのミーティングやWebExでのミーティング、zoomでのミーティングに同意してもらうのがとても難しいことがあるからなのです。そこで、このような人たちにも提案したいことがあります。既存の顧客と一緒に仕事をすることです。ここでいう既存の顧客との連携とは、既存のアカウントをどのように評価するかということです。顧客というのは口座のことですよね?どうやって彼らを観察するのですか?私は観察するという言葉を使うのが好きなのですが、プージャは動揺して観察するのではありません。その言葉には意味がないんです。実はね。

プーヤ・クマール
I'm gonna say I'm gonna use that.この言葉大好きです

マイケル・テオ・スーリム
よし、優秀だ。やったねそれで、あなたは私からそれを聞いたと思います。ありがとう、ありがとう、プージャ。アップセルとは何かを観察することです。アップセルは何かを押し付けようとしますが、観察とはどうすればあなたに付加価値を与えられるかを考えることです。既存のアカウントを見てください。たとえ観察することができなくても、彼らに追いつかなければなりません。紹介を求めたり、推薦を求めたりするのです。正直に言うと、プージャも皆さんも、うまくいっているか、あまりうまくいっていないかのどちらかです。今回のパンデミックは、多くの人々の人道的な側面を引き出したと思います。ですから、もしあなたがクライアントのところに行って、「ちょっと助けてほしいんだけど。助けてもらえませんか?私たちの製品やサービスを活用してくれる人を知りませんか?と言えば、きっと助けてくれるでしょう。そうですか、全く驚きませんね。明瞭さから熟練へというわけです。最後に、オンボーディングプロセスの一環として、サステナビリティが必要です。ここでいう持続可能性とは何でしょうか?私のクライアントへのアドバイスですが、ズーム・ファイトは現実のものとなっています。毎日朝8時半にログインしてセールス・ラリーを行い、そして彼らを送り出すというのは、彼らが嫌になってしまうからです。しかし、企業として必要なことは、彼らのライフスタイルを豊かにするために少し投資することです。彼らのライフスタイルを豊かにするとはどういうことでしょうか。これが、私たちがクライアントのために設計したエコシステムです。私たちは、お客様が自分自身とチームのために、より明晰さを身につけるお手伝いをします。オンライン販売の新時代に役立つ特定のスキルを習得できるよう、チームをサポートします。そして、感情や知性のマネジメントを指導する専門家にアクセスできるようにすることで、チームのモチベーションを管理し、勢いを持続させるお手伝いをします。以上です。これが、私が共有するフレームワークです。

プーヤ・クマール
そのフレームワークが好きなんです。そして、この業界にしばらく身を置いているからこそ言えることです。ところで、しばらくセールスイネーブルメントに携わっていますが、オンボーディングの際、ほとんどの人はマスタリングの部分に焦点を当てると思います。そして、それは重要ですが、私はあなたが全く正しいと思います、明確さ、そしてあなたが明確さを分解した方法が好きです、そして、自分自身を理解すると同時に、ソリューションを理解し、さらに自信を高めることは、ドレスアップにつながります、バーチャルな世界ではとても重要です、実際、多くの人がベッドからベッドへ転げ落ちる仕事から逃げるように、ちょっと違います。しかし、私が言いたいことは分かりますか?マスターすることが重要なんです。それは誰もが持っているものだと思います。でも、持続可能性というのは、実は私たちがとてもうまく見逃している部分だと思います。これはとてもいいヒントです。ありがとうございました。

マイケル・テオ・スーリム
Poojaさん、お話を聞かせてください。これは私のLinkedInに投稿したものです。LinkedInのMichael to sulayemで私を見つけることができますが、このストーリーを読みたいと思います。私はちょうど8時間前にこの話を私のリンクトインに書きましたので、読んでみましょう。皆さん、マイケルからスーリムへ。この物語は、ある質問から始まります。あなたは完璧主義者ですか?ノーと答える人もいれば、イエスと答える人もいるでしょう。イエスと答える人もいるかもしれません。完璧主義者の人は、よくこんな文言が頭に残っているはずです。例えば、あなたが私と一緒にいないなら、あなたは私に反対している、そうして、これは完全な成功ではなかったので、すべての良いまたは悪いだけです。これは完全な失敗なのです。完璧主義者は、しばしば誇張された思考パターンと呼ばれる心理的アンバランスを持っていると見なされます。彼らは、すべてかゼロかしかないと思っているのです。私の質問は、人々がより多くの共感、優しさ、思いやりを求め、憧れているこのパンデミックの時に、この考え方はまだ機能しているかということです。このときが本当の話です。最近、ある巨大多国籍企業の営業幹部600人を対象にした年次営業集会に招かれ、講演を行いました。私がバーチャルな説得と信頼できるオンライン・ブランドの構築について90分ほど話す前に、その企業の地域マネージャーが壇上に上がりました。その企業の地域マネージャーの一人が、トニー・ロビンスのようにエネルギーに満ち溢れたステージに立ち、観客を魅了し、やる気を起こさせたのです。彼はパワフルでした。力強く、インスピレーションを与えてくれました。最後の数行で彼はこう言ったのです。さあ、やるか、死ぬかだ。今期の売上高記録を更新できなければ我々は君の辞表を待つことにしよう。この厳しい時代に売れないのであれば君は我々だけでなく、君の家族も裏切っている。おっと彼は観客を煽るために圧力鍋のテクニックを 使っているのは分かるがしかし、そのようなテクニックが、このCOVIDの時代にまだ有効だと確信がありますか?ああ そうだだから、私はちょうどあなたに読みます、我々は右ここに終わりに近づいている、群衆は、熱意が瞬時に死んだ死んだ沈黙になりました。私が講演の列で待っていると、この多国籍企業のトップからメールが届きました。「マイケル、今日を救うのを手伝ってくれ。マイケル、今日を救うために力を貸してくれ。バーチャルな説得の話は忘れてくれ。私の地域マネージャーの後に、もう一度彼らをやる気にさせるだけでいい。特にこの困難な時期に、自分でも気づかないうちに完璧主義者になっていると思いませんか?私のLinkedInからの物語。

プーヤ・クマール
それを逆転させることはできたのでしょうか?

マイケル・テオ・スーリム
そうだといいのですが......。というのは、私が話している間、すべてのチャットボックスが賑わっていたのです。やったね。でも、私のプレゼンは、スライドもなく、ただひたすら、誠心誠意、そのマネージャーを回復させるためにプレゼンしなければならなかった。そして、そのマネージャーを立ち直らせなければならなかったのです。それはそれで面白い経験でしたね。

プーヤ・クマール
そうだ、ちょっとだけコツを教えてもらおうかな。

マイケル・テオ・スーリム
ということを話し合いたい。何でもどうぞ。

プーヤ・クマール
しかし、それはしかし、実はそれはそれはそれはよくある話なんですよね。誰もがプレッシャーにさらされています。誰もがプレッシャーにさらされています。そして、特に営業チームでは。そして、コーチングをしているとき、その人の可能性を探る手助けをしているとき、その人のパフォーマンスを思い出すのは難しいのです。というわけで、これは素晴らしいお話でした。ありがとうございました。そして、あなたが完璧主義者であるということは興味深いことです。そして、今現在、完璧主義者である人の何人が、完璧であるがゆえに本当に苦しんでいるのでしょうか。そして、今日は?

マイケル・テオ・スーリム
この話は、オンボーディングで、セールスの才能は、もはや、マスターの部分だけにとどまらないということを象徴していますね。つまり、そのセールスマンは、自分のセールスチームに対して、「自分の技の達人になれ」と言いたかっただけなのです。しかし、今、私たちは、営業チームの感情をケアするサステナビリティが非常に重要であることを知っていますね?そうです。

プーヤ・クマール
これは非常に重要なことで、特にオンボーディングでもっともっと取り入れるべきものです。また、すべての人がCOVIDで苦労しているわけではありません。アジア太平洋地域には、COVIDから脱却した国もあります。しかし、COVIDがもたらした精神的な負担は、まだ残っています。そして、このことを誰もが忘れてはならないと思います。さて、今日はたくさんのことをお話ししましたが、あなたは素晴らしいヒントを与えてくれました。もう1日中話していたいくらいです。あと4時間は話せますが、聴衆が興味を示すとは思えません。そうですか、では、この辺で。そうですね。では、いいところを教えてくださってありがとうございました。私たちがカバーすべきこと、あるいはしていないことで、あなたが共有したいことはありますか?

マイケル・テオ・スーリム
それは非常に興味深い質問ですね。というのも、私はもっとたくさんのことを説明したいのですが、ただ、私はオープンな招待状を送っていると言うだけなのです。私はLinkedInに登録していることをお伝えしたばかりです。今これを聞いている人たち、見ている人たちのために、すべてを要約する一つのキーワードは、ネットワーキング、ポスト・パンデミックの新時代の新常識において、新しい見込み客、新しい顧客を獲得するためにネットワーキングをする必要があります。また、新しい洞察や知識を得るためにもネットワークは必要です。そして、他の人たちがどのようにして成功したかという新しいケーススタディを得ることで、私たちも学び、営業力を向上させることができます。ということで、私は皆さんとネットワークを作りたいと考えていますが、その条件はただ一つです。LinkedInで私を追加したら、必ず、どこで私を見つけたか、書いてくれたら一番うれしいです。今日のプージャスインタビューで私を見つけたんですね。だからまた、ネットワーキング、ええ。ネットワーク作りができてうれしいです。ありがとうございます、プージャ。

プーヤ・クマール
マイケルさん、ありがとうございました。そして皆さん。もしあなたが聴いているなら、マイケルとつながっているだけで、彼のLinkedInのように、みんなが違う考え方をして、違う働き方をするのに役立つコンテンツをたくさん入れてくれることを約束します。マイケル、今日はありがとうございました。私たちは、ミレニアル世代の労働力を惹きつけるための表面的な部分に過ぎないと思うので、ぜひまた登場してもらいたいと思います。まだまだ話したいことがたくさんあるはずです。でも、またいつか、近いうちにやりましょう。3d.皆さん、ありがとうございました。さようなら。お元気で。さようなら