マーケティング、カスタマーサクセス、セールスに関する80以上の統計情報(2022年版)

目次
  1. 経験値関連統計
  2. マーケティング統計
  3. 販売統計
  4. カスタマーサクセスとチャーンスタッツ
  5. 売上高 Enablement 統計データ
  6. 社員の定着率
  7. 認知度 - 検索ボリュームとトレンドに基づく
  8. 求人情報 - タイトルと募集要項
  9. 誤った統計、誤解を招く統計、または誤解される統計
  10. 大辞泉の影響
  11. 技術導入
  12. コミュニケーションのムラ問題
  13. リモートとフェイス・トゥ・フェイスの好み
  14. 業界別統計
  15. 何が抜けていたのか?

市場参入の意思決定のために、最新のビジネス統計をお探しですか?この記事では、営業、マーケティング、カスタマーサクセス、オペレーション、サポート、セールスイネーブルメントに関する最新の統計データをご紹介します。

もし、このサイトで見つからない統計があれば、私に教えてください。

経験値関連統計

カスタマーエクスペリエンスの重要性

によると ライトナウの研究 (現在はオラクルの傘下)。

  • 86%の消費者は、より良いカスタマーエクスペリエンスのために、より多くのお金を支払うと回答しています。
  • 89%の消費者が、悪い顧客体験の後、競合他社と取引を開始しました。

ネガティブな体験を提供するわけにはいかないのです。

あ、ちょっと待ってください、まだありますよ。  ValueSelling Associates調べB2Bのバイヤーはセールスマンを信用していない(60%はセラーを信用していない)。

B2Bの購買体験はどうなるのか?

によると ガートナー:

  • 平均して6〜10人の意思決定者が関わっています。
  • バイイングコミッティのメンバーは、それぞれ4〜5個の情報を持ち寄り、より深く理解し、確認しようと努力している。
  • B2Bバイヤーの77%が、前回の購入は難しすぎた/複雑だったと感じている。
お客様は、最初のセールスコールで何を話したいと思っているのでしょうか?

によると ハブスポットが2016年第1四半期に500人以上の消費者を対象に実施した調査50%以上の方がデモを希望されています。

マーケティング統計

エクスペリエンス・マーケティング統計
  1. によると スタティスタのみならず、7%の消費者がライブイベントよりもテレビ広告を好んでいます。
  2. また、Statistaによると、79%がイベント(エクスペリエンス・マーケティングの一種)から販売を促進しています。
  3. ミレニアル世代の78%、によると ハリス・グループというように、体験やイベントにお金を使いたい、他のタイプの買い物にお金を使いたい、ということです。
  4. ハブスポットによると、エクスペリエンス・マーケティングを利用しているブランドの65%が、以下のような効果を実感しているそうです。 はんばいきょうか.
  5. SEMRushによると、ポジティブな体験を提供するブランドは、その3倍もの評価を得ています。 クチコミ認知 それができないもののうち
  6. ビッグ・アイ・エージェンシー 85%の消費者がイベントや体験に参加した後、その企業から購入する可能性が高く、70%がリピーターになることを指摘しています。(出典) イベントマーケター)
  7. マーケティングウィーク では、48%の購入者が、最初に製品を試せる方が購入する確率が高いと述べています。
  8. セールスフォースあたり92%の消費者がパーソナライズされた体験を期待しているのですから、これを実現しなければ遅れをとることになります。
  9. Bizzaboによるとの参加者のうち58%がイベント全体に参加しており、バーチャルイベントは少なくともいくらかは機能していると言えます。
広告統計
マーケティングデータ

によると eMarketerとExperianによる調査。:

  • 調査対象企業の20%以上が、顧客データの半分以上が間違っていると考えています。
  • マーケティング担当者が使用している顧客データのうち、約30%が誤りである。

データの問題は深刻です。

 

メールマーケティング

によると エクスペリアンの調査:

  • B to Bマーケティング担当者の59%が、Eメールは収益創出の観点から最も効果的なチャネルであると回答しています。
  • 件名に絵文字を使用しているブランドの56%は、開封率が高い。

があります。 メールマーケティングのROI つまり、$1をメールマーケティングに投資すれば、$36が戻ってくるということです。 これは強力です。

メールマーケティングのROI

カスタマーレビューの力

によると PowerReviews社による調査。

  • 約100%の消費者が、少なくとも何度かは購入前にオンラインレビューを読んでいます。
  • また、同じ調査で、95%のバイヤーが、オンラインレビューは意思決定に不可欠な情報源であると感じています。

そして、その中で 同じくPowerReviewsによる追加調査また、購入前に「ほぼすべての買い物客(95%)がカスタマーレビューを参考にしたと回答している」ことにも注目しています。

追加 シュピーゲル誌の調査 は、さらにレビューの威力を語っています。

  • たった5件のレビューで購入の可能性が高まる。 レビューが5件あるオファーは レビューがないものに比べて 270% 購入される確率が高かったのです。
なぜリードを育成するのか?

デビッド・M・ラーブ氏 カスタマー・エクスペリエンス・マトリックス ブログは、リードナーチャリングの重要性を裏付ける、実に重要な2つの統計データを記しています。 彼の言葉を引用します。

Market2Lead(吸収合併される前 オラクル)が、自社の顧客データを分析した結果、分かったと教えてくれました。

- ナーチャリングされたリードとそうでないリードでは、平均契約サイズが9%高い

- 23% ナーチャリングされたリードは、されていないリードよりも短い契約時間。

 

販売統計

コールドコールの統計

これらの統計を参考にしながら、自分のケイデンスを考えてみてください。

  • あたり パイプライン - コールドコールのボイスメール応答率の平均は5%弱にとどまる
  • あたり セールスハッカー - 1回目は11%、2回目は22%、3回目は33%と、統計的には良い数字になっています。
  • あたり ブレベグループの場合、1人の見込み客に接触するのに8回のコールドコールが必要です。
  • によると セールスインサイトラボ50% 以上の見込み客は、貴社のソリューションに適合していない。
1日に何回電話をかければいいのですか?

によると SalesBuzz平均的な担当者は、1日に約60件の電話をかけ、1日あたり少なくとも3時間を電話で過ごす必要があります。

私たちは、1日あたり40~60件、極端な例では100件以上と報告されているのを見たことがあります。 私たちの意見と経験では、これはリサーチ不足のアウトリーチと結果の減少につながります。 ほとんどの場合、1日あたり50~60件が最適なターゲットです。

何回タッチすれば...?

上記のBrevet Groupの状態では、見込み客にアプローチするのに8回のコールドコールが必要であることを示していますが、何回タッチすれば...

売上予測

の調査によると インサイトスクエアード、レボップススクエアードまた、68%以上の企業が10%以上の売上高見通しの未達を報告している。

売上予測、予測精度については、以下のページで詳しく説明しています。 弊誌記事.

営業活動に費やした時間のうち、積極的に販売した時間の割合

好きな研究を選ぶと、MRは販売に費やす時間が33%程度しかないことがわかります。残りは以下のことに費やされています。

  • 管理業務(CRMの更新)
  • コンテンツの作成と検索
  • メール、顧客以外とのミーティング

様々な研究成果が出ています。 Salesforce, CSOインサイト (現在は存在しません)などは、通常、すべて同じ結果で戻ってきます。

なお、マイクロソフトのEnablementへのインタビューでは、営業会議に費やす時間は30%未満であることがわかりました。

 

今回、私たちのもとに ROI分析という質問に対して、「営業担当者の典型的な時間消費内訳は次のとおりです。

  • コンテンツを探すのに5%の時間。
  • 25%の時間をコンテンツ作成にあてる。
  • 37%の時間を管理業務に充てています。
  • 販売に費やした時間の33%。
次に誰に電話するか決めるのに、どれだけの時間がかかっているのでしょうか。

によると InsideSalesのチーム彼らは、担当者が次に誰に電話をかけるべきかの判断に40%もの時間を費やしているような企業と仕事をしてきました。

時間を無駄にするのはいかがなものか?

特に応答速度が重要であることを考えると。  また、InsideSalesは次のように記しています。 35~50%の取引が、最初に応答した売り手によって獲得されていること。

カスタマーサクセスとチャーンスタッツ

許容できる解約率とは?

16Venturesの使用 年間許容解約率として5-7%. 比べてみてください。

既存顧客への注力にやりがいを感じる

によると マッキンゼーサーチ新規顧客の獲得と同時に既存顧客を重視する企業では、純保有率の中央値は20%となります。 つまり 新規顧客を獲得することなく、年間20%の成長を実現する。.

エクスペリアンが指摘するホワイトハウス消費者庁のデータと述べています。

  • ロイヤルカスタマーの生涯価値は、最大で 10回 を購入したのと同じくらいです。
  • 新規顧客の獲得は、既存顧客の維持に比べて最大で7倍ものコストがかかると言われています。

売上高 Enablement 統計データ

G2調べここでは、なぜセールスイネーブルメントが重要なのかを理解するために、セールスイネーブルメントの主な利点をいくつか紹介します。

  • セールスイネーブルメントの存在は、セールスメッセージの変更をサポートすることで31%の改善、低成長営業マンの改善で15%の改善と相関しています。
  • セールスイネーブルメントを導入している組織では、49%の予測案件の獲得率を達成しているのに対し、導入していない組織では42.5%を達成しています。

これらの統計は、セールスイネーブルメントが正式かつ成熟した方法で展開された場合の利点を再認識させるものです。

 

営業研修の統計

を見直す。 サラウンドラーナーテクニック セールストレーニングへの投資を最大化するためにそうでなければ、時間とお金を無駄にすることになります。

 

営業研修はROIが実証されている(こともある)

アクセンチュアの ラーニングの収益化アクセンチュアのハイパフォーマンスのためのトレーニング の計算では、学習への投資に対して353%のリターンを得ることができました。この研究は2006年に行われました。

この営業研修の統計はあまりに頻繁に使われ、誤解を招いています。営業研修は、サラウンド・ラーナー・テクニックのフルカバレッジ・モデルで行わない限り、このような結果を一括して達成することはできないでしょう。

新入社員のオンボーディングはどこでも行われるわけではない

一人で コーラス学習また、営業リーダーの約35%は、新入社員が営業研修をほとんど受けていないと回答しています。

専任のセールスイネーブルメントチームがあるかどうかにかかわらず、オンボーディングプログラムを正式なものにすることは重要なことです。

セールスフォースからのトレーニングの洞察

これらは、セールスフォースの優れたセールストレーニングの統計です。 販売状況 第4版:

  • 営業リーダーの64%が、変化するビジネスニーズに対応するため、既存社員の再教育を行っている。
  • 営業研修・コーチングツールを利用している企業は62%で、2018年の55%から増加しました。
  • 営業チームが今後 12 ヶ月で成功するための戦術として上位にランクインしたのは、営業リーダーの 7 位に位置する「営業スタッフのトレーニングの改訂」でした。また、アウトサイド・セラー、インサイド・セラー、セールス・オペレーションにおいても、「セールス・トレーニング」が7位にランクインしています。
エビングハウスの忘却曲線

人 学習した内容の80~90%を失う 1ヶ月後記憶に関する研究では、エビングハウスの忘却曲線が正確であることが常に証明されています。人間を訓練することは、穴だらけのペール缶に水を注ぐようなものです。

エビングハウスの忘却曲線

トレーニングの価値を最大化するためには、最初のトレーニングの後、特定の間隔で定期的に強化を行わなければ、活動自体の価値は最小になってしまいます。

これは、イネーブルメント統計の中でも最も重要なものの一つです。

セールスコーチング統計
平均的なパフォーマーにコーチングを集中させる

セールスコーチングのインパクトは説得力があります。  ハーバード・ビジネス・レビュー 数年前、「優れたコーチングから得られる真の報酬は、中間の60%、つまりコアパフォーマーにある」と指摘したことがあります。このグループの場合、最高品質のコーチングは、19%までパフォーマンスを向上させることができる」。

この記事では、トップパフォーマーとそれより劣るパフォーマーへのコーチングは一般的に効果がないとまで書いています。この中間のグループに焦点を当てることで効果が得られるのです。

コーチングは最強の戦術

CSO Insightsは、セールスイネーブルメントの現状に関するシリーズで、セールスコーチングが正式なものであれば、より高い勝率とノルマ達成率を生み出し、最も大きな影響を与えることを報告していました。

一方、CSO Insightsは、ランダムなセールスコーチングが勝率の低下につながったとも指摘しています。やるなら、きちんとやる。

効果を得るために時間をかける

Dave Kurlan さんがシェアしました。 コーチングに少なくとも50%の時間を割いている営業マネジャーは、コーチングをほとんどしていない営業マネジャーに比べ、クォリファイングで13%、クロージングで24%良いスコアを出す営業マネジャーがいるということです。

セールスコーチングの統計は、一貫して一つのことを明確に述べています - コーチングに投資することです。

フォーマルなコーチングが重要

によると CSOインサイト、2016年においてしかし、4社に3社の営業組織は、無作為のコーチングや非公式のコーチングを無駄に使用し、正式なコーチングやダイナミックなコーチングは4分の1程度に過ぎませんでした。 ポジティブな結果をもたらすのは、フォーマルでダイナミックなコーチングだけなのです。

販売コンテンツ

セールスイネーブルメントの効果としてよく取り上げられるのは、営業チームがコンテンツを見つけやすくなること、そしてそもそも営業チームが適切なコンテンツを作成しやすくなることです。

あなたの会社では、営業チーム向けのコンテンツ開発に多くの資金を投じていると思いますが、営業のニーズに合ったコンテンツを構築できていますか?

さらに言えば、そのコンテンツは購買行動の適切なタイミングで利用するために見つけやすいかどうか?

多くの組織では、製品マーケティング、コンテンツマーケター、他の営業担当者など、営業部門を支援するために多くのコンテンツを作成しており、その重圧に溺れていることがよくあります。

それが重要かどうかわからない?

ここでは、セールスコンテンツに関する私のお気に入りの統計データをいくつかご紹介します。

必要なコンテンツが見つからない

Upland Software社によると営業用に開発されたコンテンツのうち、65%は使われることなく、彼らが見つけられないでいるのです。あなたの コンテンツマーケティング が無駄になりがちです。

とのことです。 2018年B2Bコンテンツマーケティングレポートの企業は、マーケティング予算のうち平均26%をコンテンツに費やしています(最も成功している企業は40%以上費やしています)。

バイイングジャーニーの各ステージでコンテンツを提供することで、商談が成立します。

ハブスポットのノート 購入者の95%が売り手から購入すること、購入プロセスの各段階でコンテンツを提供すること。

組織の連携と部門横断的なコラボレーション
セールス&マーケティング・アライメントがもたらすもの

ハブスポットの報告 208% マーケティング収入の増加 営業とマーケティングが一体となった

アバディーン 注41%は、マーケティング上のミスアライメントを修正することで、ノルマの目標達成に向けた成長がより向上します。

組織全体のミスアライメントはさらに大きなコストになる

そのコストは測定可能であり、かつ重大であることが調査により証明されています。

営業 Enablement 規律と指標

何を測定するかは、何に影響を与えるかである

PROLIFIQの調査によると、セールスイネーブルメントチームの47%は、その努力のROIを測定していません。[5/22更新 この研究へのリンクは切れていますが、とりあえずデータを残しておきます]。

があります。 55/38/7 コミュニケーションルール は、"コミュニケーションの55%はボディランゲージ、38%は声のトーン、7%は実際に話される言葉 "と述べています。

 

社員の定着率

満足した社員も、新しい仕事を探している

で報告されているSBIの調査によると ハーバード・ビジネス・レビュー:

"調査対象となった営業職の約半数(41%)が、自分の役割に満足しているものの、転職先を探していると回答しており、満足しているハイパフォーマーの44%が積極的に転職活動中であることがわかった。"

また、過去の調査から、伝統的に3人に1人から4人に1人の売り手が毎年離職していると指摘されています。

離職率とは、現実にはどのようなものなのでしょうか。あなたの営業組織では、10人のセラーに対して、3人が今後12ヶ月以内にいなくなってしまうのです。

レップが去れば、大きな代償を払うことになる

のデータ シリウスデシジョン は、売り手の離職に伴うコストは、機会損失、再教育、雇用などの間で、およそ$20万円と推定しています。

そして、2022年8月のガートナーの調査によると。 販売者の約90%が仕事から燃え尽きたと感じている。.

不適切な雇用のコスト

営業の離職率は、ひょっとしたら他の社員と比べると高いかもしれないが、決して安くはない。 曰く HR.comによる報告:

  • 採用がうまくいかないと、年俸の約30%のコストがかかる(原典は労働省、報告書を探し出せず)。
  • 雇用主は、雇用に関する過失のケースで約80%を失い、それぞれの平均和解額は$1Mである。

自分に合った人材を採用することは、とても重要なことです。

 

認知度 - 検索ボリュームとトレンドに基づく

この部分の分析には、私たちのお気に入りのSEOツールであるahrefsを使用しています。

Enablement アウェアネス

売上高Enablementは、月間6000件程度の検索数に上昇しています。検索ボリュームの増加は、この職業への関心の高まりとよく一致しています。

一方、Revenue Enablementは月間150回程度の検索数で推移しています。

これはどういうことでしょうか?

Revenue Enablementの話題や職種は増えてきましたが、現在ではほとんどのコンテンツでEnablementと表記されています。

オペレーションズ・アウェアネス

レヴェニュー・オペレーションはセールス・オペレーションに条件面で勝っているが、非常に僅差である。レベニュー・オペレーションは今後も普及が進むと予想され、この数字は今後数年間で大きく変化する可能性があります。

Revenue OperationsとRevOpsの検索を合わせると、月に3100件以上の検索ボリュームがあることがわかります。この伸び率には目を見張るものがあり、Revenue Operationsの方がより人気のある検索ワードであることが分かります。

レベニューオペレーション検索ボリューム - トレンド
RevOpsの検索ボリューム - トレンド

ちなみに、Sales Operationsの検索ボリュームは月間2100回程度で横ばい、salesopsは月間50回程度しか検索されていないことに注意してください。

求人情報 - タイトルと募集要項

上記のうち、就職に結びつくものはありますか?

ヘック、イェー!

Enablementの求人

LinkedIn Sales Navigatorを使って、職種に「Sales Enablement」「Revenue Enablement」「Growth Enablement」という言葉を含むプロフィールを検索すると、現在15000人強と出てくる。

2021年7月に発見した時よりも2000人以上増えているのです。

オペレーションズ・ジョブズ

この分析では、RevenueとSales Operationsの両方を使用し、LinkedInでこれらの職種を持つ160,000人以上を見つけることができます。

誤った統計、誤解を招く統計、または誤解される統計

バイヤーズジャーニーの67%はデジタルで行われるようになった - SiriusDecisions

この統計は、Sirius Decisionsに起因するもので、さらに明確にされなければならなかったが、それ以来、インターネットの反響室で生き続けている。 この統計を明らかにするためのブログ記事は、もはや利用できませんが、私たちは、その記事を インターネット・ウェイバック・マシン 読者がよりよく元の文脈を理解し、自分自身で判断できるように。

大辞泉の影響

によると ファスト・カンパニー "ミレニアル世代の83%は、引き受けざるを得なくなった。 最大6つの新しいタスク同僚の退職に伴い、職務外の業務を行うことになった。

技術導入

CRM統計

  • 2013年からの研究において BuyerZoneの注意事項 従業員11人以上の企業の91%がCRMソフトを使用している」こと

コミュニケーションのムラ問題

あらゆるGo-to-marketの役割において、ミーティングは成功のために重要な役割を果たすことができます。

コミュニケーションのムラ問題。 このHBRポッドキャストでは、リー・トンプソン(Leigh Thompson)が次のように語っています。ケロッグ経営大学院の教授であり、「Creative Conspiracy:Creative Conspiracy: The New Rules of Breakthrough Collaboration "の著者であるケロッグ経営大学院教授が、私たちが注意しなければならないいくつかの重要な要素を指摘しています。

  • ほとんどの会議では、会話の60%は2人で占められている
  • ほとんどの会議では、会話の70%は3人で占められている
  • 実際、少数派が会議の80%を占め、静かな多数派は意見を言う暇もない。

このビデオでは、トンプソン教授が開発したブレインライティングの手法が、コミュニケーションのムラを克服するためにどのように役立つかを語っています。

リモートとフェイス・トゥ・フェイスの好み

このインフォグラフィックは、で GreatBusinessSchools.org 2010年代前半に発表された「リモートワークのすすめ」によると、リモートで仕事をしたいが、場合によっては対面での仕事の方が効率的であるという矛盾が長い間存在したことが示されています。

このインフォグラフィックに掲載された調査によると。

  • 83%の社員が時々リモートで仕事をした。
  • 95%は、長期的なビジネス関係には対面でのミーティングが不可欠であると回答した。
  • 84%の人が、直接会っての商談を希望しています。

パンデミックの結果、これらの数字の一部が変化したことは分かっていますが、本当の問題は、その変化が永久的なものか一時的なものかです。

最新情報 ギャラップ社データは、2021年末の時点で、Go-to-marketチームの大半が属するホワイトカラーの労働者について示しています。

  • 41% 在宅フルタイム勤務
  • 26% 在宅ワーク パートタイム
  • また、およそ30%の労働者が、雇用主から再びオフィスでのフルタイム勤務を強制されたら仕事を探すと回答しています。

しかし、対面でのコミュニケーションがより効果的であることは分かっています。 私たちは上記の55/38/7ルールを参照していますが、このインフォグラフィックもそうで、こう記しています。

があります。 55/38/7 コミュニケーションルール は、"コミュニケーションの55%はボディランゲージ、38%は声のトーン、7%は実際に話される言葉 "と述べています。

つまり、ビジネスの成功には対面でのコミュニケーションが欠かせないのです。 もしあなたが顧客と接する立場にあるのなら、この知識を何度でも活用し、家にこもっているライバルに打ち勝つ必要があるのです。

業界別統計

小売
店頭でのモバイルによる商品リサーチ

によると Salsifyによる調査77%の買い物客が、店舗で買い物をしながら携帯電話で商品情報を検索しています。

何が抜けていたのか?

なぜセールスイネーブルメントが重要なのか?

この記事の冒頭で述べたことよりも、今の方が感覚的に理解できることを願っています。

どのような指標を入れるべきだったのか?

One thought on "80+ Marketing, Customer Success, and Sales Statistics (2022)"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。