現代の収益組織のためのリーダーシップの原則

ビジネスリーダーにはさまざまなタイプがあり、そのリーダーシップスタイルもさまざまです。しかし、優れたビジネスリーダーの原則は、時の試練に耐える傾向があります。ビジネスリーダーにはさまざまなタイプがあり、そのリーダーシップスタイルもさまざまです。しかし、優れたビジネスリーダーの原則は、時の試練に耐える傾向があります。

この記事では、現代の収益組織にとって最も重要なリーダーシップの原則について、以下のように説明します。 チーフ・レベニュー・オフィサー を現場の管理者に伝える。

このテーマを正しく理解するために、その過程で最も優れた企業や組織が提唱しているリーダーシップの原則を紹介します。

さっそく見てみましょう。

リーダーシップの原則とはどういう意味か?

リーダーシップの原則とは、リーダーが意思決定や行動全般を導くために用いる信念や行動規範のことです。

多くの優れた組織とそのリーダーが、それを共有しているのです。

リーダーシップの原理をAmazonから

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは、この原則に全社を挙げて取り組んでおり、アマゾンのリーダーシップ原則は、誰でも閲覧できるように公開されています。 ウェブサイトを読む.

今回はそれぞれの原則を共有し、それを現代のGo-to-marketチームに適用できる言葉に置き換えていきます。

14のリーダーシップの原則に飛び込んでみましょう。

はじめに - ベゾス自身の言葉で

第二部:私たちのまとめ

お客様のこだわり

収益チームは、ビジネスが設定した収益目標を達成するために給料をもらっているのです。彼らは、顧客一人ひとりがあなたの会社と一緒に働くことで価値を受け取ることができ、そうすることで顧客の成功を達成することに執着しなければなりません。

所有権

このチームは収益目標を所有しており、長期的な視点で戦略的に考える一方で、短期的にはチームがノルマと予測を達成できるようにします。

彼らは、会社全体の成功に焦点を当て、社内の課題を持ち、それを解決することにためらいはないのです。

発明と簡素化

現代の組織は、自分たちがすべての答えを持っているわけではないことを理解しています。彼らは、他のCRO、他のビジネス、他の産業に目を向け、新しいアイデアをシンプルに発見し、それを自分たちのビジネスニーズに適用しています。

正しいこと、たくさんある

データ、顧客や市場に対する深い理解、そして多くの経験に導かれ、チームは正しい判断を下す方法を知っており、断固として前進しています。

学ぶこと、好奇心を持つこと

サメは泳ぐのを止めると死んでしまう。偉大な収益を上げているリーダーも、学ぶことをやめたら同じことです。

優秀な人材を採用・育成する

採用は、組織にとって一歩前進となるものです。これは、チーム内のどのような役割の新入社員にも当てはまります。優れた収益を上げているチームとそのリーダーは、採用のたびに改善しようと努力し、自分自身とチームを継続的に成長させています。

最高水準を追求する

優れたレベニューリーダーは、自分自身とチームに対して高い水準と期待を抱いています。

そして、その基準に達した時、どこまでいけるか挑戦し続けるのです。

これらの基準は、お客様への販売方法とケアだけでなく、販売する製品とソリューションにも適用されます。

シンクビッグ

偉大なリーダーは、偉大なことを成し遂げたいと願っています。

バイアス・フォー・アクション

分析麻痺はチームを死に至らしめます。

データを集め、素早く分析し、決断し、実行する。

質素倹約

より少ない人数で、より多くのことを成し遂げる。

優れた収益を上げている企業は、新しいソフトウェアツールやデバイスがすべて必要なわけではないことを理解しています。彼らは、プロセス、顧客理解、完璧な実行に焦点を当てる必要があるのです。

必要なものを買い、仲間を増やし、まずは今あるもので課題を解決していこうという考え方です。

信頼を獲得する

誰も完璧ではありません。CRO(最高技術責任者)以下、全員が自分の過ちを認め、物事がうまくいっていないときには敬意をもってそれを指摘し、継続的な改善を目指します。

ダイブディープ

リーダーやチームの誰よりも重要な仕事はありません。

必要であれば、学びや助けのために掘り下げる。

バックボーンを持つ、反対とコミットメント

収益チームは、彼らと戦略や戦術を議論し、各人が最高のアイデアを引き出すことが期待されています。しかし、最終的な決定がなされたら、実行し、それを成功させることです。

結果を出す

仕事をやり遂げる。収益予測をコミットしたら、それを達成する方法を見つけよう。

地球で一番の雇用主」を目指して

従業員の成功は不可欠です。不健全で有害な環境を作りながら、ビジネス目標を達成することは許されません。

成功と規模がもたらす広範な責任

リーダーは、消費するよりも創造する方が多く、常に物事をより良い状態で残すことができます。

この信念の原則は、収益組織全体に適用されるべきものです。

それが、アマゾンの14のリーダーシップの原則です。

別の組織を見てみましょう。

米国海兵隊に学ぶリーダーシップの原則

アマゾンのリーダーシップの原則と同様に 海兵隊が原則を発表.

まず、当社の概要

米国海兵隊の11のリーダーシップの原則を紹介します。

  • 自分を知り、自分を磨く
  • 技術的、戦術的に優れていること
  • マリーンズを知り、彼らの幸福を見守る
  • 海兵隊に情報を提供する
  • 模範を示す
  • タスクの理解、監督、達成を確実にすること
  • 海兵隊員をチームとして訓練する
  • 適切かつタイムリーな意思決定を行う
  • 部下に責任感を持たせる
  • 能力に応じてコマンドを使用する
  • 責任を求め、自分の行動に責任を持つ

これらの多くは、継続的な改善、適切な意思決定、オーナーシップに焦点を当てたアマゾンのリーダーシップ原則を思い起こさせるものであるはずです。

今回は、もう1つ、リーダーシップの原則を見てみましょう。

第二に、ジェームズ・マティス将軍から話を聞く。

 

フランス外人部隊のリーダーシップの原則

アメリカの組織の例を離れて、フランスの外人部隊を見てみよう。彼らの原則に注目すると

  • 栄誉
  • 規律
  • 勇気
  • 服従
  • 無我夢中
  • 達成度

見た目は少し違いますが、この原則もチームワークと規律による達成に焦点をあてています。

現代の収益組織 リーダーシップ原則

この時点で、アマゾンの「リーダーシップ原則」と米国海兵隊やフランス外人部隊の「リーダーシップ原則」を確認したことになります。

これらの洞察を活かして、収益組織の指針となる一連のリーダーシップ原則をどのように作成すればよいのでしょうか。

私たちは、「現代の収益組織のための5つのTrust Enablementリーダーシップ原則」を定義する上で、最高のものを盗み、いや、借用します。

#1 お客様を第一に考える会社です。

ベゾスがアマゾンの経営理念に込めた顧客に対する執念を、あなたの収益組織も共有しなければならない。

に現れています。

  • 各プロスペクトのペインポイントを理解すること。
  • ノルマを達成するためではなく、お客様の課題を克服するために必要なものを売ることを常に心がけています。

顧客の信頼を築き、長期的な成功と関係を築くことで、卓越したビジネス成果を実現します。

#2 株主の次は従業員。

優秀な人材を採用するだけでなく、従業員もまた、個人として、そしてプロフェッショナルとして、常に学び、向上する努力を怠ってはならないのです。

ビジネスに多様な視点をもたらす優れた人材を採用し、育成する。

#3 挑戦の決定-確定する前に

意思決定のプロセスには、敬意を払った議論が必要です。

しかし、一度決めたら、社員全員が合意したことに全面的にコミットしなければなりません。

#4 日々の学びと成長

社員一人ひとりが、自分の成長のために最高の基準を設定する必要があります。

学ぶことに終わりはない。

#5 オーナーシップを発揮し、結果を出す

成功は、コミットメントを行い、そのコミットメントを実現することから生まれます。

会社全体とそのリーダーが成功を期待する文化を構築する。

そして、失敗が起こりうることを理解し、その失敗から学び、次のマイルストーンに挑戦するためにパフォーマンスの水準を上げ続けるという文化とのバランスをとることです。

現代の収益組織のリーダー5原則

最終的な感想

私たちの5つの原則は、アマゾンのリーダーシップ原則や海兵隊やフランス外人部隊の原則に比べると少ないですが、どんな収益組織にとっても最も必要な成功のための5つの核となる柱を象徴しています。

あなたはそれを受け入れることができますか?

あなたなら何を加えますか?