ガイドTotango Hubspot Integrationの接続と設定

Totango は、カスタマーサクセスプラットフォームです。 ハブスポット は、CRMとマーケティング・オートメーションの両方の機能を持つツールです。両者を接続することで、デジタルプロパティやそれ以外の場所で顧客ベースに何が起こっているのか、目を見開くことができます。そこで、Totango Hubspotとの連携が実現します。

さらに、この2つのプラットフォームにはそれぞれ無料プランが用意されており、中小企業のオーナーや技術的な予算が限られている人でも、最新の収益ツールを無理なく利用することができます。

この記事では、あなたがすでに両方のプラットフォームをビジネス用に設定していることを前提に、その詳細については説明しません。 

この記事では、このインテグレーションをインストールし、設定する方法に焦点を当てます。

Hubspot Totangoとの連携設定

TotangoとHubspotを接続する

ハブスポットのインスタンスから、ハブスポットマーケットプレイスで旅を始めます。Totangoを検索すると、唯一のオプションとして表示されます。

Totango Hubspotインテグレーションは、Hubspot Marketplaceで入手可能です。

Totangoをクリックし、Hubspotの右上にあるInstall Appオプションを選択します。

この連携設定は、次にTotangoが新しいブラウザのタブでHubspot Totango Integrationのページを開き、以下のように表示されるので簡単です。

Hubspot Totangoとの連携はこのように表示されます。

CONNECTボタンをクリックし、オプションの説明を最初に追加すると(その必要はありません)、新しいポップアップウィンドウが開きます。

 複数のハブスポットインスタンスにアクセスできる場合、最初にどのハブスポットのインスタンスに統合をインストールするかを選択する必要があります。

これで、標準的な許可画面が表示されるようになりました。

Totango内のHubspot連携は、パーミッションの承認が必要です

Connect Appを選択すると、接続が作成されます。

システム間で接続するデータの選択

最後にConnect Appを選択すると、ポップアップが閉じ、Totango Admin画面はこのように表示されるようになります。

TotangoとHubspotの間で同期させたいデータは何ですか?

このチュートリアルでは、「Accounts」を選択します。

そして、ここで我々HubspotとTotangoの管理者が気をつけなければならないのは、そもそも業務用の統合を設定した理由を十分に理解することです。

表示される画面は長いので、この1つの統合ページで、セクションごとにスクリーンショットで説明します。

Totango Hubspotとの連携のデータソースの部分

このセクションでは、管理者が同期したいHubspotのオブジェクト(この場合は冒頭で決めたようにデフォルトで企業)を選択し、そのオブジェクトからどのデータをTotangoに同期させるかを選択することができます。

オブジェクトとオブジェクトフィールドの詳細については、このドキュメントでは説明しきれませんが、もっと詳しく知りたい方は、次のドキュメントをご覧ください。 ハブスポットウェブサイトのドキュメント.

次のセクションでは、フィールドのマッピングを指定します。

Hubspot Totangoとの連携でフィールドマッピングを指定する

一般に、カスタムフィールドでどちらかのシステムをカスタマイズしていない限り、これを変更することはないでしょう。

同期を設定するには、必ず「VALIDATE MAPPING」ボタンを選択する必要があります。今それをクリックすると、"Validation Succeeded "と表示されることを期待します。

このページの下には、選択したハブスポットのデータソースから最初の10行のデータ(言い換えれば、この例ではハブスポットのインスタンスにある10社のデータ)のプレビューが表示されます。

次の項目は「設定」です。

統合の「設定」セクション

名前と説明は、セットアップ時に指定したものです。その他の設定は、Totango と Hubspot の専門家に、具体的な設定と変更する理由を相談しない限り、変更しないでください。

最後は「スケジューリング」です。

Totango Hubspotの同期スケジュールをスケジューリングします。

1回限りの同期、毎日、毎週などのスケジュールを設定することができます。多くの企業では、1日1回で十分です。

ここで、ページ下部の「SAVE AND SYNC」ボタンを選択します。ページが更新され、このように表示されます。

これでHubspot Totangoとの連携は完了です。

 最初の実行は、それなりに速く起動します。ただし、同期にかかる時間は、ハブスポットインスタンスのデータ量に依存します。

 Totangoは、同期を開始したときと終了したときにメールを送ります。

コメントを残す

タイトルの前に付けるプレフィックス(例:"Copy of")(プレフィックスなしの場合は空欄