Showellの無料製品に搭載されているコンテンツレポート機能

ShowellのFree製品には、いくつかのレポートが付属しています。今回は、その中からコンテンツレポート機能に特化してご紹介します。

それでは、Showellの管理面を掘り下げてみましょう。

Showellの行政

この記事では、Showellの管理について深く掘り下げることはしません。しかし、Showellの管理は、ユーザー、グループ、ファイルを管理し、いくつかのレポートを実行することができる別の管理領域を介して行われることに留意してください。

に関する記事で Showellの販売会エンドユーザー(販売者、カスタマーサクセスなど)向けのレポート機能を検討しました。他のレポートはすべて管理エリアにあります。

コンテンツアナリティクスレポート

管理画面にログインすると、まず「ファイル」セクションがあり、「アナリティクス」メニュー(下記参照)を選択すると、レポートの選択肢が表示されます。

Showellのコンテンツレポート機能は、コンテンツ分析レポートで利用できます。

Showell Administration内のファイルエリア

コンテンツ分析を選択すると、デフォルトの時間範囲である昨日でレポートがロードされます。

Showellのコンテンツレポート機能は、コンテンツ解析レポートで確認できます

この記事のために、右上の時間範囲を変更して、より良いデータを反映させることができます。

Showellのコンテンツアナリティクスレポート

このレポートからわかることをもとに、コンテンツのレポート機能を確認してみましょう。

使用済みのコンテンツのみ表示される

このレポートでは、期間中に閲覧されたコンテンツのみが表示されます。 これは最も重要なコンテンツですが、コンテンツ管理者、マーケティング担当者、イネーブラーとしては、どのコンテンツが使用されていないのかを確認したい場合が多いはずです。 これは、次のような場合に重要です。 コンテンツ監査.

細部にまでこだわることができる

左側のコンテンツリストには、閲覧された各文書と、レポート期間中に行われた閲覧の概要が表示されます。 ドキュメントのタイトルをクリックすると、ドリルインして詳細を見ることができます。

コンテンツ閲覧の詳細

明らかにテストデータを追加する必要がありますが、スクリーンショットでお分かりいただけると思います。

  • ここで見ているPowerPointの任意のスライドに費やされた総時間を、ページレベルで詳細に見ることができます。
  • シェアリング活動も可能です。
  • 各ビューは左上で追従します。
  • 視聴は、設定すれば視聴グループごとに分解することができます。

ページ サマリーページ経由のアクティビティ表示

アイアイコン(ページビュー欄)をクリックすると、ポップアップウィンドウが開き、上記の詳細ページと同じページレベルのインサイトを表示することができます。

ページビュー統計

 

ユーザーとフォルダーレベルのフィルタリング

右上のコントロールを使って、このように登録されたユーザーやシステム内の任意のフォルダーに絞り込むことができます。

コンテンツ利用状況報告におけるフォルダとユーザーのフィルタリング

検索条件

検索レポートは、一部であまり評価されていない機能ですが、Showellの製品に搭載されたことは素晴らしいことです。

チームの検索キーワードを理解していれば、ファイル名に適切な分類法や命名法を用いて、彼らがシステム内で探しているコンテンツを簡単に見つけることができます。

この情報を定期的なコンテンツ監査の一環として利用することで、イネーブルメント・システムにおけるコンテンツの発見力を大幅に向上させることができます。

概要

Showellの無料版は、中小企業にとって良い選択肢だと考えています。大規模な組織や、より成熟したデータ駆動型の組織が必要とするレポートの豊富さには欠けるものの、販売者の活動を追跡することが主な関心事であり、市場参入の動き全体を改善することが目的である組織にとっては、十分に深い内容となっています。

コメントを残す

タイトルの前に付けるプレフィックス(例:"Copy of")(プレフィックスなしの場合は空欄