GetResponseとJoanna Wiebeによる独占e-book。

9 Experiential Marketing Statistics – Experiences Needed (2022)

There's no doubt that the statistics speak for themselves when it comes to experiential marketing.There’s no doubt that the statistics speak for themselves when it comes to experiential marketing.

To create an effective campaign, it’s essential to understand what this type of marketing is and why it matters.

潜入してみよう。

What is Experiential Marketing?

Experiential marketing brings customers into your brand, engaging with it in a dynamic manner that brings your brand to life.

This form of marketing takes several forms, from in-store experiences to booths at events.

It’s all about engaging customers.

Why does it matter?

Let’s explore the nine statistics that answer that question.

The Experiential Marketing Statistics You Need to Know

  1. によると スタティスタのみならず、7%の消費者がライブイベントよりもテレビ広告を好んでいます。
  2. また、Statistaによると、79%がイベント(エクスペリエンス・マーケティングの一種)から販売を促進しています。
  3. ミレニアル世代の78%、によると ハリス・グループというように、体験やイベントにお金を使いたい、他のタイプの買い物にお金を使いたい、ということです。
  4. ハブスポットによると、エクスペリエンス・マーケティングを利用しているブランドの65%が、以下のような効果を実感しているそうです。 はんばいきょうか.
  5. SEMRushによると、ポジティブな体験を提供するブランドは、その3倍もの評価を得ています。 クチコミ認知 それができないもののうち
  6. ビッグ・アイ・エージェンシー 85%の消費者がイベントや体験に参加した後、その企業から購入する可能性が高く、70%がリピーターになることを指摘しています。(出典) イベントマーケター)
  7. マーケティングウィーク では、48%の購入者が、最初に製品を試せる方が購入する確率が高いと述べています。
  8. セールスフォースあたり, 92% of consumers expect personalized experiences — you are falling behind if you don’t deliver.
  9. Bizzaboによるとの参加者のうち58%がイベント全体に参加しており、バーチャルイベントは少なくともいくらかは機能していると言えます。

注意事項

Most of these studies were done before Covid-19 when everyone was comfortable traveling out and about for experiences and events.

But the world is shifting back to a more open environment, which bodes well for the future of experiential marketing.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。