顧客離れを減らすための4つのヒント。顧客を維持する方法

なぜ、私たちは新規顧客を獲得するために懸命に働き、次の見込み客に焦点を移し、そして顧客が解約するときに驚くのでしょうか?なぜ、私たちは新規顧客を獲得することに一生懸命になり、せっかく獲得した顧客の成功に目を向けず、次の見込み客に焦点を移してしまうのでしょうか。

この発言に同意する企業はほとんどいないでしょうが、多くの企業が取引獲得後に取る行動は、同じ道を辿ることになります。

まず、顧客離れとは何かについて確認し、顧客離れを減らすための4つの重要なヒントを確認しましょう。

顧客離脱とは?

顧客離反率とは、簡単に言えば、ある期間に失った顧客の割合のことです。

SaaS企業は、既存顧客の維持に依存するビジネスモデルであるため、解約に細心の注意を払い、その結果、既存顧客、つまりサブスクリプション顧客を通じてより速いビジネス成長を可能にします。

顧客離れを防ぐための4つのヒント

解約を抑制する方法は?

#1 お客様が商品を購入した理由を思い出すこと

彼らは、克服すべき課題があったからこそ、あなたの製品を購入したのです。

そして、デモや顧客からの紹介をもとに、そのソリューションが実現できると信じている。

相手の問題を本当に解決できるのでなければ、自分のソリューションを売り込んではいけない。

#2 なぜ買ってくれたかを思い出す

彼らは、あなたとあなたのビジネスが、あなたの製品/ソリューションの導入を支援し、そのすべてのステップを支援することを信頼したのです。

相手の問題を解決し、相手を成功に導くことに、少なくとも売り込んだときと同じだけのエネルギーを注ぎましょう。

#3 驚かさないこと

あなたのソリューションに、彼らに影響を与える可能性のあるバグが見つかりましたか?警告してください。

彼らに役立つような新機能を開発中ですか?教えてあげてください。

あるいは、その機能が頭痛の種になる可能性がある場合は、それを伝えて準備を手伝ってあげることです。

お客様が定期的に驚かれるようでは、解約を減らすことは困難です。

#4 QBRを活用し、全員が成功に集中できるようにする。

#1 と #2 を思い出してください。彼らはビジネス上の課題を解決するためにあなたの製品を購入したのです。

また、通常のチェックポイントだけでなく、以下のような方法で、定期的にその効果を確認し、強化してください。 四半期ごとのビジネスレビュー.

最終的な感想

この4つのヒントをもとに、解約防止に取り組んでいただければと思います。

コメントは受け付けていません。