Go-to-Marketのチームダイナミクスを勝ち取るための9つのヒント(2022年4月号)

市場参入を成功させるチームは、達成可能だが挑戦的な目標を設定し、個人、チーム、組織の成長を実現する学習ベースの環境を整備することに焦点を当てた、ポジティブなチームダイナミクスを生み出しています。市場参入を成功させるチームは、達成可能だが挑戦的な目標を設定し、個人、チーム、組織の成長を実現する学習ベースの環境を整備することに焦点を当てた、ポジティブなチームダイナミクスを生み出しています。

その結果、長く愛される文化が生まれ、次世代の従業員を採用し、教育し、昇進させるというフライホイール効果が生まれるのです。

今回は、チームダイナミクスと全体的な文化に焦点を当て、勝つための収益組織を作るために何を避け、何をすべきかを説明します。

組織文化とは何か?

組織文化とは、チームの信念や標準的な仕事の進め方、コミュニケーションスタイルなどを表現した単なる省略形です。

組織全体を一人の人間として扱うとすれば、文化はその個人の個性と言い換えることができるでしょう。

効果的なチームダイナミクスを構築するとはどういうことか?

チームダイナミクスとは、チーム内の個人間の関係で、効果的なコミュニケーションとコラボレーションにつながるものです。

個々のチームのすべての相互作用が文化を創るのです。

そこで、ポジティブなチームダイナミクスと文化の創造に踏み込む前に、より根本的な質問に答えましょう。

効果的なチームダイナミクスの例としては、どのようなものがありますか?

ポジティブな営業チームのダイナミクスには、次のような特徴があります。

  • 共感と尊敬
  • 一人ひとりのモチベーションを信頼する
  • ビジネス目標の達成に注力する
  • 一人ひとりの成長をサポートする
  • オープンなコミュニケーション
  • 尊敬に値する議論
このようなチーム力学が働くと、チーム文化はどうなるのでしょうか。

しながら、ビジネス成果を上げることに注力するチーム。

  • 倫理的かつ合法的に行い、ビジネスを破壊するような「何が何でも勝つ」という考え方に陥らないことです。
  • 自己の成長のために必要なことをサポートし合う。
  • 一人ひとりの前向きな心の持ちようを尊重すること。

効果的なチームダイナミクスの例とは何か」、そしてそのダイナミクスがもたらすポジティブな結果について説明しましたが、その行動を生み出すためのヒントには触れられませんでした。

次は、それらを探ってみましょう。

優れた営業チームのダイナミクスを開発するためのベストプラクティス

効果的なチームダイナミクスの例とは何か、さらに重要なことは、それをどのように創り出すかです。

一言で言えば、優れた営業チームのダイナミクスは、互いに、そして顧客の問題に対して可能な限り最善の解決策を導き出すためにサポートし合うチームにつながるのです。

この環境をどのように構築するか。

開示する。 私たちは読者支援をしています。もしあなたがリンクをクリックし、以下のリンク先の商品を購入した場合、私たちはあなたに追加料金を支払うことなく、小さなコミッションを得ることがあります。  詳細はこちら.

#1 継続的学習環境の整備への注力

仕事に必要なスキルやキャリアに必要なスキルを身につけるため、チームや個人に投資する。

この学習と、チームを効果的にコーチする方法をマネージャーに教えることのバランスをとる。あなたは、最も困難な問題に対する解決策を見出すことに焦点を当てた、創造的で問題解決的な環境を作り上げることができます。

学習が水の泡にならないよう、「サラウンド・ラーナー」のテクニックを活用しましょう。

営業研修は、重要な投資にも時間の無駄にもなり得ます。サラウンド・ラーナー・テクニックは、あなたのチームを成功に導くカギとなるものです。

#2 自分らしさを発揮する機会の創出

各自が無理のない範囲で、ありのままの自分でいられるようなチームビルディングの練習をしましょう。そうすることで、個人のニーズや価値観をより深く理解することができ、より強固で効果的なチームを作ることができます。

#3 効果的なコミュニケーション、定期的な

マンデードットコムロゴ信頼の欠如は、人間関係やチームを破壊する。

不信につながるチーム力低下のリスクを軽減する最善の方法のひとつが、頻繁なコミュニケーションです。それを利用することです。

一つの技術として、monday.comを検討する。

#4 目標設定と時間管理

を使用します。 OKRのような方法論 ビジネス目標を強化し、個人とチームがその成果を達成するためのオーナーシップを持つことを可能にするものです。

グループメンバーに共通の目標を与えることで、目的意識の共有につながります。

この目的意識の共有と、それをどのように解決するかというオーナーシップが組み合わさると、アグレッシブな目標を達成するための有効な手段となるのです。

さらに、タイムドクターなどの時間管理ソリューションを使って、チームが現在の重点分野から学び、その知識を正しい分野に投資するために活用できるようにしましょう。 よくある例として、営業担当者が一日中Eメールをするのと、電話に出て電話をかけるのとでは、どちらがいいのか、ということがあります。

例えば、タイムドクターは、売り手の時間管理を支援する優れたソリューションです。

#5 チームと個人の成功のお祝い

でも、お祝いする理由を作ってはいけません。

真の勝利を祝い、困難な状況を乗り越え、困難な目標を達成する。

これらの勝利が個人的なものであれ、チームレベルのものであれ、祝ってあげてください。

#6 建設的な批評の価値を示すことができる。

経営幹部から個々のチームリーダーに至るまで、あらゆるレベルのビジネスリーダーは、学び、改善する意欲を示す必要があります。これこそが、成長と向上への意欲を示す最良の方法なのです。

このことが、お互いを尊重し、優れたリーダーや強いグループダイナミクスを生み出すことにつながっています。

#7 Grit - 情熱と忍耐力
グリット:情熱と忍耐の力|アンジェラ・リー・ダックワース
#8 Live by Sundownルール

今日できることを明日に先延ばしにしない。

考え方は簡単で、明日まで待つのではなく、今日チームのために何かできることがあれば、それを実行することです。

日時計の法則は素晴らしいが、注意すること。

日没ルールの導入が不十分だと、ワークライフバランスを評価・支援する文化が生まれない可能性があります。

#9 部門横断的なコラボレーションを促進する

部門を超えたコラボレーションを実現するための理想的な職場環境を作るには、実に多くのことを行うことができます。その中でも特に優れた5つのヒントをご紹介します。

多様化

クロスファンクショナルチームを作る際には、さまざまな職業的背景、性別、場所、民族性を持つ人材が欲しいものです。このような属性を持つチームを作ることで、リーダーシップのスタイル、思考、スキルにおいて、より多様で洞察力に富んだチームを作ることができるのです。

このタイプのチームは、問題を評価し、解決策を策定して、素早く成功させることができます。

共有知識の活用

どんなに多様なメンバーがいても、知識やノウハウを共有しないチームは、クロスファンクショナル・チームとは言えません。

クロスファンクショナルチームは、さまざまな部署から、さまざまなレベルの仕事と人生経験を持つメンバーが集まることで発展していきます。一緒に仕事をする際には、これらのすべてが生かされるべきなのです。

トラブルシューティングが必要なもの、製品やサービスに関する新しいアイデアには、チーム全員の注意と知識が必要です。

尊敬される強いリーダー

多くの異なる部門があるため、強力なリーダーが不可欠です。チームメンバーの貢献と個々の努力に責任を持たせる人。

多様な部署が集まっているので、リーダーは強いだけでなく、チームから尊敬と信頼を得られるような人物である必要があります。

そして、すべてのリーダーと同様に、優れたコミュニケーターでなければなりません。

コミュニケーションツールの活用

プロジェクト管理アプリはあなたの味方です。必要なのは、チームがリアルタイムでコミュニケーションをとり、ファイルやドキュメントを共有し、最新情報を入手できるものだけです。

また、一元化されたコミュニケーションツールは、電子メールや表計算ソフトでは不可能な、人々のつながりを維持するのに役立ちます。

KPIとプロジェクトのマイルストーン

KPI(重要業績評価指標)とプロジェクトのマイルストーンは、部門横断的なチームが軌道に乗るのに役立ちます。また、チームメンバーに説明責任を持たせ、その効果を測定するための素晴らしい方法です。

また、プロジェクトのマイルストーンは、チームメンバーがうまくいっていることを知らせるのに有効な方法です。そして、これは士気を高め、生産性を向上させるのに役立つことが分かっています。

効果的な協力者になるためのヒント

効果的な協力者になるためには、チームメンバーはコミュニケーションに長けていて、チームプレーヤーである必要があります。また、自分自身とチームの目標を理解する必要があります。

最も効果的な協力者は、常に同僚と学び、知識を共有し、貢献しています。

また、有能な協力者は、建設的な批判を与えたり、受け入れたりすることに長けており、目の前の状況に適応することができるのです。

最終的な感想

優れたチームダイナミクスの構築に投資した結果、予期せぬチャレンジやアグレッシブな目標、そしてその結果生じるコンフリクトに対処することに抵抗のない企業文化が生まれました。

肝心の中身は?

ポジティブなグループダイナミクスを開発することは、チームメンバー個人とあなたのビジネスに利益をもたらすでしょう。

やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。